広島2

広島出張先にて。

仕事のあいだは全く余裕がないので、朝早起きして広島の町を散歩した。
平和公園からすぐの川沿いのホテルだったから、市街地にほど近い。

広島に来ての楽しみの一つは「広島電鉄」。
結局今回は乗ることはできなかったけれど、朝散歩で人や車がほとんどいない路面を鉄道が走っていく姿を堪能することができた。

広島電鉄(広島電車)は第二次世界大戦の広島への原爆投下の際、町とともに大きな被害を受けたにもかかわらず、わずか3日後に復旧し人々に勇気を与えた。以前ドラマで見てから、すごく興味があった。また路面電車という文化にあまりなじみがないので、あこがれもある。

e0367565_16113231.jpg


様々な車体、色の電車が行きかう。
あとで調べてみると、引退や廃線になる路面電車を譲り受け広島で走り続けているそうだ。
オレンジラインの鮮やかなこの電車は京都市電が廃止になる際に譲り受けたもの。
車体に1908.このこは「あらし山」。電車個々に京都らしい名前が付けられているもの素敵。

その他の電車もいろいろな意味や歴史がありとても興味深い。
これ以上しゃべると鉄分過多になるので。公式サイトをどうぞ・・・広電社車両紹介

あと、広電はその名の通り電車。信楽高原鉄道はディーゼルで走るのに対し、電車だからもちろん電気で走っている。
だから広電の線路の上には電線がいっぱい。
大きな交差点は配線がえらいことになっている。
何となく低く見えて、タクシーの運転手さんに「車の高さ制限とかあるんですか?」って聞いたら、特になく結構高いらしい。目の錯覚。笑

いつも登らない歩道橋の上から電車をみてみたり、
コーヒーをのみながら広電をみるのもなんとも心地よかった。
鉄分補給してあー幸せ。
早起きは鉄分多めでした。

e0367565_16251573.jpg



[PR]
by terumin_0716 | 2017-02-04 15:58

ふと気づいたり思うこと、書きカキ


by terumin